MENU

ご挨拶


この度は、長福寺の公式サイトをご覧頂き有難うございます。
長福寺は、船橋市夏見の小高い丘の上にあります。都会の喧噪から離れ、静かなひとときをご提供できればと願っております。

墓地・永代供養墓・納骨堂のご案内をしております。詳しくはお電話、またはメールからお問い合わせください。

 

↓スマートフォン用ページです

お知らせ


ライブ配信は、こちらのページからご覧いただけます。
https://vc1.sakura.ne.jp/movie.html


訃報

 令和二年十月二十五日 副住職 河村康仁 和尚(四十五歳)が脳内出血の為、逝去致しました。
 故人に代わり、生前賜りました御懇情に対し、厚く御礼申し上げます。
 副住職 河村康仁和尚の通夜を令和二年十一月四日に、葬儀を翌五日に修行しました。また、大練忌(四十九日忌)を令和二年十二月七日に修行しました。
 感染防止の為、皆様とお別れをする機会を設ける事が出来ませんでしたし、作って欲しいとのご意見を頂戴しております。
 そこで、令和三年二月一日(月曜日)午後三時より、『百箇日法要並びに納骨供養』を修行します(ライブ配信も予定してます)。お電話かメールにて事前に令和3年1月20日までに申し込み下さい。よろしくお願い致します。副住職は多岐にわたり、住職のサポートをされていました。現在副住職の仕事の引継ぎを行っています。ご迷惑を掛けぬ様、住職と編集者数名がしっかり取り組み、粛々と引継ぎ作業を行っています。まだまだ不慣れな点が多々あります。どうか現状をご理解いただき、しばらくの間、温かく見守りいただきますよう、お願い申し上げます。

◎受付開始時間  午後二時
◎メールでの申込み方法
件名に『百か日』『お名前』『参加人数(香典をお持ちになる方)』を、打ち込んで下さい。また、本文には連絡先をおねがいします。


坐禅会の開催見送りについて

毎月第1日曜日午前7時30分から開催している坐禅会については、新型コロナウイルス感染拡大を防ぐことから、政府の指導、ご本山曹洞宗の方針にならい当分の間、開催を見送りすることと致しました。今後の開催は様子を見ながら検討致します。開催情報は、当寺境内の掲示板とホームページにてお知らせ致しますので、参加希望の皆さまにはお手数ながら再度ご確認頂きますようお願い申し上げます。

既に当寺で坐禅のご指導をさせて頂いたかたにはお伝えしておりますが、日常的にご自宅での坐禅又はイス坐禅をお勧めしています。このような不要不急の外出を控えなければならない状況だからこそ、ご自宅で坐禅又はイス坐禅を行い、心の安定やゆっくりと自分自身に向き合う時間を増やすことをお勧め致します。

最初は1日1回5分間ほどから始めて、だんだんと時間と回数を増やしてみてください。できるだけご自宅のなかで静かな場所を選び、意識がなれない場合は静かな音楽を流すことも良いかと思います。お部屋の明るさは、明るすぎず暗すぎず、早朝や夕方位の光量がふさわしいです。線香またはインセンス等があれば立てて行い、線香がない場合はキャンドル(又はろうそく)などを灯して代用することをお勧め致します。坐禅の開始と終了の鐘の合図は気持ち・意識の入れ替えにとても重要です。ご自宅で鐘の音は難しいかと思いますので、スマホの内蔵音やコップ・茶碗などご自身が落ち着き集中しやすい音を選んで利用するのが良いかと思います。その他については、曹洞宗公式HPの坐禅についてをご参照くださいませ。時間があるときこそ有効的且つ充実した時間を過ごしましょう。

長福寺にご来訪の皆さまへ

当寺のご本尊様が船橋市指定文化財になっていることから、ご本尊様の由来や歴史を記した写真付きの看板が令和2年2月17日に船橋市教育委員会より正面駐車場に設置されました。ご参拝の折にご覧下さいませ。

寺院案内ページに「長福寺から船橋駅北口まで」として長福寺最寄りのバス停「長福寺入口」から船橋駅北口までのバス時刻表を掲示しております。皆様どうぞご活用ください。


当寺境内墓地使用者の皆様、夏見城址遺構の土塁を見学される方へお願い

墓地から裏庭の林に続く途中に竹柵がありますので、それより中には入らぬようお願い致します。近頃、古木が落下・倒木し大変危険です。万が一、事故等が発生した場合、当寺では責任を負いかねます。竹柵から林に入る場合は必ずお寺へお声がけ頂くかお電話をください。


【夏見山長福寺特製御朱印帳】

当寺院は、下総三十三ヶ所観音霊場第一番札所ということもあり特製御朱印帳を製作致しました。そろそろ御朱印帳を買い替えのかた、これから御朱印収集を始めるかたも、どうぞご検討くださいませ。頒布価格は1冊2000円、ご朱印料は300円です。

令和元年製夏見山長福寺オリジナル御朱印帳(H160×W109)

長福寺の四季

【長福寺 点描】

Copyright(c) Sotoshu chouhuku Temple All Rights Reserved